脂肪燃焼

 腰をメジャーで測る

30代以降は痩せにくくなってしまいますから意識してダイエットに取り組む必要が生じてきます。筋肉量を上げることによって脂肪がエネルギーとして使われるようになりますから運動をして筋肉を付けることを意識しましょう。

Read more »

新陳代謝

ヘルシーな食事

30代は痩せ型の人でも実は内臓脂肪がついていたり、メタボ症候群だったりしますからダイエットを上手に生活の中に取り入れることも必要になってくるでしょう。習慣として身体を動かすようにした方が良いかもしれません。

Read more »


ダイエットを行う

白人女性 フィットネスモデル

30代から急に体重が増えてしまう方も多いです。それは30代から代謝量が少なくなってしまうからだといわれています。効果的にダイエットを行う場合にはサプリメントを効果的に活用することがとても重要です。

Read more »


オススメリンク


消費する

体重計とメジャー

3代になってダイエットをしようとお考えの方はこのサイトを参考にしてみましょう!ためになりますよ!

様々な体の機能の衰えが始まるのが30代です。 体型にも大きく影響を与えるようになり、だんだんと太りやすく痩せにくい体になってきます。 その理由には、基礎代謝の低下があります。 基礎代謝とは寝ていたり呼吸したり、心臓を動かしたりなど、何もしなくても消費されるカロリーことです。 つまり、20代の頃と同じ生活を続けていると、30代になったら自然と脂肪が付いてしまいます。 また、年齢を重ねていくほどに女性ホルモンの分泌が減少していきます。 女性ホルモンのエストロゲンは女性らしい体のラインを作っていますが、減少することで、お腹周りに脂肪が付きやすくなります。 そして、筋肉の衰えも始まりますから、体全体の代謝も悪くなります。 30代になって太ったおばさん体型にならないためにも、緩いダイエットを行って脂肪が付くのを防ぐようにしましょう。

20代の頃は食事を一食抜く程度でもダイエット効果を得ることができましたが、代謝が悪くなっている30代では、付け焼刃のダイエットは成功しません。 たとえ成功して体重が減ったとしても、元の生活に戻ればリバウンド一直線です。 無理のない継続しやすい方法で、長く続けられるダイエットを行うのが大切です。 健康のためにも栄養バランスの整った食事を取るようにして、動物性の脂肪分やたんぱく質を控えるのが得策です。 また、食べ方にも工夫して、血糖値を上昇させないように野菜から食べたり、ゆっくりとかんで食べるようにしましょう。 衰えてしまった筋肉を付けるためには、運動も必要になります。 代謝アップ効果がありますので、ウォーキングなどの続けやすい有酸素運動を取り入れると効果的です。